埼玉医科大学国際医療センター 脳神経外科

  • 脳脊髄腫瘍科
  • 脳卒中外科
  • 脳血管内治療科

確かな治療実績かける経験

新着お知らせ   NEW

2022 7/8

脳卒中外科の鈴木海馬講師が今年も術中モニタリングにおける当科の取り組みを講演します!


2022 7/1

佐藤講師の研究が2022年度埼玉医科大学学内グラントに採用され、研究費を得ました。


2022 6/20

来年6月に栗田教授が会長を務める第37回日本神経救急学会のポスターが完成しました。
皆様に軽井沢でお会いできるのを楽しみにしております。


2022 6/19

祝・古峰弘之先生、竹田理々子先生、佐藤大樹先生、前田拓真先生が脳血管内治療専門医試験に、池田峻介先生が脊髄外科専門医試験に合格しました!


2022 6/4

祝・前田拓真先生が関東脳神経外科懇話会、年次奨学賞を受賞しました。
当医局からは栗田浩樹教授(2001年)、竹田理々子教授(2014年)、上出智也講師(2019年)続いて4人目の受賞です。

Neurosurgical Department  01

脳脊髄腫瘍科 Department of Neurooncology

脳脊髄腫瘍科では脳と脊髄の腫瘍全般を扱っています。
神経膠腫は各種最新技術を駆使した手術に放射線治療と化学療法を加えた集学的治療に経験が豊富です。特に悪性神経膠腫に対して行われている、最新の薬剤を用いた治験や臨床試験は、我が国で行われるほぼ全てを網羅しています。
良性腫瘍は髄膜腫、神経鞘腫、頭蓋咽頭腫、下垂体腫瘍から頭蓋底腫瘍、脊髄腫瘍まで、全てに対応します。
小児悪性脳腫瘍は当科の得意種目の一つです。脳脊髄腫瘍診療に精通する脳神経外科医と小児科医が、同一科の中で集学的治療を展開する、我が国唯一の診療科です。

Neurosurgical Department  02

脳卒中外科 Department of Cerebrovascular Surgery

脳卒中外科は、脳卒中センター内の独立した診療科として、脳卒中内科や脳血管内治療科と密接な関係を保ちながら、脳卒中の外科治療を担っています。
当科は全国の大学病院の中で唯一の脳卒中(脳血管障害)の開頭術に専門特化した診療科であり、スタッフ全員が脳卒中の外科手術に対する豊富な経験を有し、昼夜搬送される脳卒中の患者さんの緊急手術に24時間体制で対応しています。

Neurosurgical Department  03

脳血管内治療科 Department of Intravascular Neurosurgery

脳血管内治療科は脳卒中センター内で24時間体制をとっており、急性期治療や重症例治療にも対応しています。脳血管内治療数は日本国内トップクラスであり、大学病院では全国1位にランクされています。
我が国で先進の診断治療機器をとり揃え、最先端の治療を提供しています。脳血管内治療の可能性を拡げたハイブリッド脳手術室(Brain Operation Room: Brain OR)にて、高難易度の治療に取り組んでいます。

脳神経外科 集合写真

脳神経外科からのお知らせ News

2022 5/25

新年度より当院の電子カルテが一新されます!
電子カルテ更新に伴う全科共通病棟業務ワーキンググループのリーダーに脳卒中外科の鈴木海馬講師が選出されました!

2022 4/23

祝・栗田浩樹教授が第37回日本老年脳神経外科学会(2024年)会長を務める事になりました。

2022 4/22

祝・脳卒中外科、栗田浩樹教授が第37回日本神経救急学会(2023年)の会長に選出されました。

2022 4/20

3月9日付:祝・古峰弘之先生、吉川信一郎先生、土屋亮輔先生が日本脳神経外傷学会専門医に合格しました。